凍らせ豆乳を食べて、残暑を乗りきろう

今夏はSNSが発端で、「豆乳を凍らせるだけで美味しいアイスができる」というニュースが多く発信されました。好みの豆乳飲料のパックの頭部分にはさみを入れて、そのまま一晩冷凍庫に入れると、朝には美味しい豆乳シャーベットができています。そもそも、豆乳飲料なので、美味しいうえに、低カロリーです。チョコミントやバニラアイス等のフレーバー豆乳はもちろんのこと、いちごやマンゴー、バナナ、また、きな粉風味の和風味の豆乳も、美味しいアイスに変身するようです。

 

 

なお、少し、手を加える余裕のある方は、製氷皿等を利用して、豆乳を凍らせ、それをかき氷風にして食べる、そんな食べ方もおすすめです。濃厚で美味しい豆乳かき氷が出来上がります。

 

 

そもそも、豆乳は、凍らすことを前提に製造していません。ですので、一度凍らせたものを解凍したり、それを、また、凍らすようなことは、製品の特性上、向きませんので、気を付けてください。

それでは、夏の暑さも落ち着いてきましたが、ここで気を抜かず、夏バテなどないよう豆乳で乗り切りましょう。

この記事をシェアする!