豆乳と麺で、夏を乗り切ろう

 

オンラインメディアが行った「人気麺ランキング」の中で、「自宅で食べたい麺類の味付け」を聞いたところ、女性の中で「豆乳」を選ぶ方が多いことが分かりました。女性の約30%が豆乳をベースにした麺類が好きで、特に、20代から40代に多いようです。(https://suits-woman.jp/kenjitsunews/85012/)

 

この結果を物語るように、「豆乳VS麺類」の報道が連日続いています。

女性層をターゲットにした味付けが特徴の「そうめん屋はやし(大井町)」では、「豆乳アボガドそうめん」が人気のようです。少し前だと、豆乳にアボガドを入れて、素麺と組み合わせるという食べ方に、抵抗がある人も多く見られました。今では、様々な“食べ方”がされている豆乳ですので、この組み合わせもかなり、納得できるのではないでしょうか?https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180821-00000090-nnn-bus_all

 

また、日清の人気商品「シーフードヌードル」も、お湯を注ぐのではなく、水と豆乳を半分ずつ注ぐことで、よりあっさりした味わいになるという報道も話題になりました。シーフードベースですので、クラムチャウダーのような美味しさが想像できます。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180821-00159186-tkwalk-life

 

暑い夏も、もう少しで終わります。でも、夏バテや夏の疲れを長引かせないためにも、エネルギーになる「麺」と人が必要とする栄養素がたっぷり含まれているヘルシーな「豆乳」の組み合わせ、試してみてはいかがでしょうか。これまでは、当たり前に、麺つゆで食べていた素麺を「豆乳とレモン」のたれで食べてみる、こってりみそラーメンに豆乳を入れてヘルシーにいただく、そんな工夫をして豆乳生活を楽しんでみましょう。

この記事をシェアする!