飲むだけではない豆乳の魅力に迫る!!Vol.1 豆乳クリーム編

豆乳ホイップやクリームがあることをご存知ですか?

レシピサイトなどをみると、生クリームの代わりに、低カロリーな豆乳ホイップクリームの紹介がよく掲載されています。また、豆乳ホイップクリームは、豆乳と油(サラダ油やオリーブオイル)、砂糖とレモン汁で誰でもお手軽に、そして簡単に作れることができます。こうして手作りするのもよいのですが、最近では、すでに、豆乳ホイップや豆乳クリームが販売されていますので、ご紹介します。

 

 

不二製油では、世界的に拡大中の「植物性食(PBF=Plant-Based Food)」への需要に対応する純植物性クリームの素材として、4月1日からナッツやフルーツ、同社独自の大豆分画技術「USS製法」による低脂肪豆乳を原料とする動物性原料不使用のホイップクリーム素材「ボタニカルクリーム」を発売しました。「ヘルシー」、「ナチュラル」、「ボタニカル」などをキーワードとする癒やしメニューを実現するものとして、幅広い業態で提案していくそうです。不二製油が発売している乳製品不使用の豆乳でできたホイップクリームは、生クリームの代わりに使うことができ、牛乳アレルギーの子供も安心して食べることができ、“ふんわりクリーム”のケーキが仕上がります。料理やスイーツなどにも大活躍しそうな気配です。

この記事をシェアする!