ゴールデンウィーク寸前、特別企画 ~旅する豆乳シリーズ!~ Vol.4

タピオカを提供する台湾スイーツカフェ「台湾甜商店(タイワンテンショウテン)」

~おすすめは「食べる豆乳!豆花」

 

空前のタピオカブームが続いており、東京では、タピオカドリンク店にはいつも行列ができています。そんな中で、作りたて生タピオカを提供する台湾スイーツカフェ「台湾甜商店(タイワンテンショウテン)」は、4月26日(金)に神戸初出店となる、神戸三宮さんちか店(兵庫県神戸市中央区三宮町)をオープンするそうです。

 

 

このお店の商品は、「心を癒すひとくち、台湾時間」をコンセプトに、台湾スイーツで癒されてほしい、台湾を感じる空間で台湾をより身近に感じてもらいたいとの想いから生まれたそうです。甘い」に「舌」と書いて、甜。その文字通り「台湾甜商店」とは台湾のスイーツを味わっていただくお店という意味です。当店の拘りスイーツは一口頬張れば、どこか懐かしく、肩の力がふっと抜けるような心ほどける喜びのスイーツです。

 

特におすすめは、「食べる豆乳!豆花」です。豆花とは、豆乳を凝固剤で固めたもの。見た目は豆腐そのものです。豆腐との違いは、凝固剤が、豆腐はにがり、豆花は石膏粉や、地瓜粉(さつまいも粉)を使っているところが異なります。なめらかな豆腐(豆花)に、ほんのり甘いシロップと、ピーナツや小豆、タピオカ、フルーツなどをトッピングして食べる、老若男女、幅広い世代に愛される台湾の伝統的なスイーツです。基本的には、豆乳なので、ヘルシーで低カロリー。イソフラボンを豊富に含み、美肌やダイエット効果も期待できます。夏は冷たく、冬はあたたかく、一年中楽しめます。「台湾甜商店」では、豆花(トーファ)は、毎日店内で有機豆乳を使ってつくっており、とろふわの食感に仕上げるために品質管理を徹底しているとか。イソフラボンやサポニンなど女性に嬉しい成分がたっぷり含まれたヘルシースイーツです。

 

新宿や横浜をはじめ、全国に9店舗展開中。ぜひ、ゴールデンウィークに足を運んでみましょう。

 

情報源https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000036360.html

この記事をシェアする!