豆乳×お酒のすすめ

夏と言えば、ビールがおいしい季節でしたが、近年、ビールの消費量は減少傾向にあるそうです。お酒を飲めない(飲まない)若者も急増中なので、こうした消費傾向が、各飲料業界に大きな影響を与えています。でも、豆乳は大丈夫!この10年、生産量は拡大傾向にあるのです。

そんな中、先日新しいウィスキーの飲み方として、ネットニュースで、バナナ豆乳ウィスキーが紹介されていました。(https://serai.jp/gourmet/320073)。ウィスキーにバナナ1本を入れて、豆乳で割って飲むようです。これからさらに暑くなると、お酒を飲む量も増えてくるはず。そんな時は、飲酒前にたんぱく質を摂っておくと酵素の働きがよくなり、アルコールを分解しやすくなります。また、満腹感が得られるため、暴飲も防げます。飲み始める少し前に、コップ1杯程度の豆乳を飲んでみましょう。翌朝、良い目覚めになるはずです。

この記事をシェアする!