日本豆乳公正取引協議会
- Fair Trade Conference -

トップページ

日本豆乳公正取引協議会

日本豆乳公正取引協議会

設立

昭和63年3月18日設立

目的

豆乳類の表示に関する公正競争規約を円滑適正に運営することを目的とする。

運営

豆乳類の表示に関する公正競争規約第7条の規定に基づき、日本豆乳公正取引協議会の組織及び運営に関する規則を次のとおり定める。

  • 規約の内容を周知徹底させること
  • 規約に関し、会員もしくは非会員の相談に応じ、又は指導すること
  • 会員の製造し、又は販売する豆乳類について、規約を施行するために必要な品質検査を行うこと
  • 規約の規定に違反する疑いがある事実を調査すること
  • 規約に違反する者に対する措置を講ずること
  • 関係官庁との連絡に関すること
  • 規約の制定又は改廃に関すること
  • 一般消費者からの苦情に関すること
  • その他規約の施行及び改正に関すること
  • 以上

活動

日本豆乳公正取引協議会は、豆乳についての消費者の正しい理解を得るために、表示の適正化の浸透に努め、公正な競争ルールを確立することを目的に活動しています。

会長

重山 俊彦(キッコーマンソイフーズ(株) 代表取締役社長)

加盟企業

活動状況

豆乳類の表示に関する公正競争規約